谷津田を開墾して湧き水を利用

「里山れんこん」の栽培は長年使われていなかった谷津田を開墾するところから始まりました。そこにはたくさんの生き物たちがいて、人工的な肥料分はなく、周りは山に囲まれて何もない場所なので隣の田んぼの農薬や除草剤が飛んでくる心配もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です